すそわきが治療へと効果的な電気凝固法の詳細について

・すそわきが治療の電気凝固法とは?

電気凝固法自体は、本来脱毛施術を行う時に利用されていたものです。

それを上手く転用して行き、わきが治療にも活用した方法です。

電気分解法と一緒の要領で、極細の針を上手に使い熟しながら、実践して行く方式となります。

一般的な美容エステでも取り入れられている、すそわきがを除去するのに適している、有効的な施術です。

但しエステ店が提供している電気脱毛だと、わきがにあまり効果がないのが現状です。

電気凝固法にはA法やB法である、主に2通りのタイプへと分かれており、それぞれの種類によって全く異なります。

ここでは前者に挙げたA法に関して詳しく紹介致します。

・小林式絶縁電気針凝固法=A法

小林式絶縁電気針凝固法とは、始めに一対の導体が取り付けられた小さな針を、体毛1本ずつに刺して行きます。

次に低い電流を与えて行き、毛根部分を熱で凝り固まらせて行きます。

その際へと、毛穴に存在するアポクリン腺も同じく熱で凝固されるので、汗腺の機能が完璧に止まります。

A法そのものは、毛根エリアを熱で凝り固まらせている為、永久脱毛も同時に実行される事になります。

体毛とは、すそわきがが嫌な匂いを放つ大きな要因となります。

体毛を抜き去って行く事で、すそわきがの悪臭を、しっかりと抑制する事が出来る訳です。

美容エステで行われている電気脱毛は、不快な匂いの原因になるアポクリン腺を、全て根絶する事が不可能です。

ですので永久脱毛が難なく成功しても、肝心のすそわきがを治癒する事が出来ません。